あなたの愛猫は大丈夫?猫も罹るフィラリア感染症とフィラリア予防

猫も罹るフィラリア感染症

 

フィラリア(犬糸状虫:Dirofilaria immitis)が感染することによって起きる病気をフィラリア症と言います。フィラリア感染症というと犬の病気と思われがちですが、フィラリアは猫にも感染して猫のフィラリア症を引き起こしてしまいます。

 

猫10匹中1匹に感染していると言われていて、猫のフィラリア予防を3年していなかったとすると、屋外飼育なら90%の猫がフィラリアに感染していると考えて間違いありません。もし猫がフィラリアに感染してしまったなら、寿命が5〜6年と短くなってしまいます。

 

フィラリアは、蚊がフィラリアに感染した動物の吸血をすることによってミクロフィラリア(mf : L1幼虫)が蚊の体内に入ります。ミクロフィラリアは蚊の体内で L1幼虫 → L2幼虫 → L3幼虫へと成長し、蚊が別な動物の吸血をすることによって、L3幼虫がその動物の体内に入ります。

 

その後、皮下組織や筋肉内で L3幼虫 → L4幼虫 → L5幼虫まで発育すると、心臓の右心房と肺動脈に移行して寄生し成虫となります。

 

フィラリアの感染サイクル

 

猫の心臓は犬と比べると小さいので、フィラリアに感染してしまうと症状が重症化する傾向にあります。このページでは、犬ほど一般的ではない猫のフィラリア感染について詳しく解説していますので、各ページをご覧ください。

 

猫のフィラリア感染症の原因と感染のしくみ

フィラリアに感染した猫の症状

猫のフィラリアはフィラリア症の犬から感染するの?

猫のフィラリア感染の診断

フィラリアに感染した猫の治療方法

猫をフィラリアから予防するには

猫のフィラリア予防薬

 

 

動画で猫のフィラリア感染症について簡単に学ぶことができます。

 

 

あなたの愛猫は大丈夫?猫も罹るフィラリア感染症とフィラリア予防記事一覧

猫が蚊に刺された!猫のフィラリア感染症の原因と感染のしくみ

蚊の雄は雌と違って吸血をすることはありませんが、雌は卵を発達させるために必要なタンパク質を得るため、哺乳類や鳥類から吸血します。吸血の際に皮膚を突き刺して、吸血を容易にする様々なタンパク質などの生理活性物質を含む唾液を注入した後に吸血に入りますが、この唾液がアレルギー反応を引き起こすので痒みを伴いま...

≫続きを読む

猫のフィラリアはフィラリア症の犬から猫に感染するの?

猫のフィラリアは、フィラリアに感染した犬もしくは猫の血を吸った蚊に吸血されることによって感染します。フィラリアの一種である犬糸条虫は、成虫なら体長が12〜30cmある白く細長い寄生虫で、フィラリアの幼虫であるミクロフィラリア;mf(L3幼虫)を保有した蚊(トウゴウヤブカ、コガタアカイエカ、ヒトスジシ...

≫続きを読む

フィラリアに感染した猫の症状は他の病気と区別しづらいのが特徴

猫のフィラリア症で見られるのは次のような症状です。  咳        呼吸困難    食欲不振    体重減少    失神  疲れやすい  失明       嘔吐       下痢       頻脈  嗜眠      腹水貯留    血尿       突然死      痙攣  後大静脈症候群(VC...

≫続きを読む

猫のフィラリア感染の診断はフィラリア検査しても検出率が低く診断が困難

フィラリア(犬糸状虫)の本来の宿主はイヌ科動物です。猫は宿主ではないので、フィラリアが感染してしまっても、フィラリアの寄生数が少なかったり、フィラリア幼虫が成長しにくかったり、フィラリア成虫がミクロフィラリアを産まなかったりもします。なので、フィラリア検査を行っても検出率が低くて診断が難しいのです。...

≫続きを読む

フィラリアに感染した猫の治療方法は対症療法が現実的

猫のフィラリア症に確実な治療法は確立されていません猫にフィラリア症の治療を行うとすれば、症状に対する対症療法を行うか、フィラリアの成虫を駆除をするかでしょう。成虫を駆除する方法は2つあり、駆虫薬の投与を行いフィラリアを殺す方法と、外科手術を行って物理的にフィラリアの虫体を取り除く方法とがあります。ど...

≫続きを読む

猫をフィラリアから予防するにはフィラリア薬の経口経皮投与が確実

「猫用のフィラリアの予防接種はあるの?」「猫のフィラリアワクチンは毎月打つ必要がある?」猫にフィラリア予防をしたいと考えている人はいろんな疑問をお持ちかと思います。結論から申しますと、フィラリアワクチンはありません。また、フィラリアを予防する犬のフィラリア予防注射というのはありますが、猫用はありませ...

≫続きを読む

猫のフィラリア予防薬にはどんなものがあるの?やはりあの薬?

経皮投与できる猫のフィラリア予防薬には「レボリューション」、「ストロングホールド」、「アドボケート」、「ブロードライン」があります。フィラリア予防薬はほとんどが食べるタイプの経口薬ですが、経皮投与できる薬はこの4種類です。投与方法で選ぶフィラリア予防薬猫のフィラリア予防薬の種類レボリューション猫用体...

≫続きを読む


TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ