猫のフィラリア薬にはどんなものがあるの?やはりあの薬?

猫のフィラリア薬スポットタイプが4種類

 

経皮投与できる猫のフィラリア予防薬には「レボリューション」、「ストロングホールド」、「アドボケート」、「ブロードライン」があります。フィラリア予防薬はほとんどが食べるタイプの経口薬ですが、経皮投与できる薬はこの4種類です。

 

投与方法で選ぶフィラリア予防薬

 

猫のフィラリア予防薬の種類

 

レボリューション猫用

 

 

体重 : 2.6 s 〜 7.5 s

※生後 8週齢以上

 

0.75ml × 3本/箱

 

セラメクチン 60mg/ml

 

 

レボリューション子猫用

体重 : 〜 2.5 s

※生後 6週齢以上

 

0.25ml × 3本/箱

 

セラメクチン 60mg/ml

 

 

ストロングホールド猫用

 

 

体重 : 2.6 s 〜 7.5 s

※生後 8週齢以上

 

0.75ml × 6本/箱

 

セラメクチン 60mg/ml

 

 

ストロングホールド子猫用

体重 : 〜 2.5 s

※生後 6週齢以上

 

0.25ml × 6本/箱

 

セラメクチン 60mg/ml

 

 

アドボケート 4s以上の猫用

 

体重 : 4.0 s 〜

※生後 9週齢以上

 

0.8mL x 3本/箱

 

本品0.8mL中

イミダクロプリド 80mg

+モキシデクチン 8mg/0.8ml

 

 

アドボケート子猫 4s未満の猫用

 

体重 : 〜 4.0 s

※生後 9週齢以上

 

0.4mL x 3本/箱

 

本品0.4mL中

イミダクロプリド 40mg

+モキシデクチン 4mg/0.4ml

 

 

ブロードライン猫用 2.5〜7.5kg

 

 

体重 : 2.5 s 〜 7.5 s

※生後 8週齢以上

 

0.9ml × 3本/箱

 

1mL中あたり

フィプロニル 83.0mg

+(S)-メトプレン 100.0mg

+プラジクアンテル 83.0 mg

+エプリノメクチン 4.0 mg

 

 

ブロードライン猫用 2.5kg未満

体重 : 〜 2.5 s

※生後 8週齢以上

 

0.3ml × 3本/箱

 

1mL中あたり

フィプロニル 83.0mg

+(S)-メトプレン 100.0mg

+プラジクアンテル 83.0 mg

+エプリノメクチン 4.0 mg

 

 

 

 

レボリューション」、「ストロングホールド」、「アドボケート」はフィラリア以外にノミや耳ダニ、回虫といった寄生虫を駆除してくれるので、オールインワンタイプの薬と言えますね。「ブロードライン」はマダニや条虫も駆除できるので、他の3者とはまた違った特徴があります。いずれのフィラリア薬も体の内側と外側から寄生虫対策ができますね。

 

フィラリア予防薬で駆除できる寄生虫

 

 

動画をご覧いただくと、経皮投与された薬がどのような作用機序でフィラリアを始めとする寄生虫を駆除するのかがお分かりになるかと思います。

 

 

関連ページ

猫のフィラリア感染症の原因と仕組み
猫はフィラリアに罹らないと思っていませんか?猫のフィラリア症は犬のフィラリア症ほどメジャーな病気ではありませんが、猫もフィラリアに感染してフィラリア症を発症するんですよ。では、どうやって猫にフィラリアが感染するのでしょうか。猫がフィラリアに感染する原因と感染のしくみは犬のフィラリアと同じなんです。
猫のフィラリアはフィラリア症の犬から猫に感染するの?
猫のフィラリアは、フィラリアに感染した犬もしくは猫の血を吸った蚊に吸血されることによって感染します。
フィラリアに感染した猫の症状
犬のフィラリアは危険だけど、猫のフィラリアは危険ではないの?そんなことはありません。フィラリアに感染した猫の症状は他の病気と区別しづらいのが特徴なんです。
猫のフィラリア感染の診断
フィラリアに感染しているかどうかを知るなら、普通は血液検査を行いますよね。犬の場合はフィラリア検査をすると、バッチリとはっきりした検査結果が得られますが、猫の場合はそうではないんです。猫がフィラリアに感染しているかどうか、フィラリア検査を行っても、検出率が低くて診断が難しいのが現状です。
フィラリアに感染した猫の治療方法
あなたの猫がフィラリアに感染しているとすれば、あなたならどのような治療方法を望みますか?治療方法には、駆虫薬の投与によるフィラリア成虫の駆除や、症状に対する対症療法、外科手術でフィラリアを取り除く外科的療法がありますが、実は猫のフィラリア症に確実な治療法は確立されていないんです。
猫をフィラリアから予防するには
猫がフィラリアから守るためには予防が一番です。予防と言っても、蚊に刺されないように完全に蚊を避けることは難しいので、レボリューションやアドボケートなどのフィラリア予防薬を使っての予防が簡単で便利です。猫のフィラリア感染は見つけるのが難しく、感染が分かった時には手遅れってことが多いので、そうなる前にしっかり対策してあげましょう。

TOP 犬用 猫用 寄生虫で選ぶ 薬の成分で選ぶ 価格で選ぶ メーカーで選ぶ 投与方法で選ぶ