フィラリア予防薬を投与方法で選ぶ

チュアブル・錠剤タイプとスポットタイプのフィラリア予防薬

 

フィラリア予防薬を投与する方法は、注射、経口投与、経皮投与があります。

 

ここでは、経口投与と経皮投与するフィラリア予防薬について簡単に書きます。

 

薬を食べさせる・服用させる投与方法を経口投与と言い、薬の形状としては、錠剤タイプとチュアブルタイプがあります。顆粒状のものもありますが、このサイトで紹介しているフィラリア予防薬にはありませんので割愛します。

 

錠剤タイプダイロハート、パノラミス、プロハート
チュアブルタイプインターセプター、カルドメック、キウォフハート、ストロングハート、ダイロハート

 

経皮投与するフィラリア予防薬は、薬剤を体に滴下して、皮膚から吸収させるものです。
ノミやダニを駆除する薬を投与する方法と同じですね。

 

スポットタイプアドボケート、レボリューション

 

錠剤タイプ

チュアブルタイプ

スポットタイプ

 

キウォフハート大型犬用

キウォフハート

KIWOF HART

 

 

 

ダイロハート

 

ダイロハート

Diroheart

 

 

プロハート

 

プロハート

ProHeart

 

 

 

パノラミス

Panoramis

 

インターセプター

 

インターセプター

interceptor

 

 

カルドメック

カルドメック

(ハートガードプラス;Heartgardplus)

 

 

ストロングハートストロングハート

Strongheart

 

 

 

ダイロハートダイロハート

Diroheart

 

 

アドボケート

 

アドボケート

advocate

 

 

レボリューションレボリューション

revolution