フィラリア予防薬はいつから飲ませればいいの?

フィラリア予防薬は蚊が発生し始めた後から飲ませ始めます

 

フィラリア予防薬はいつから飲ませればいいの?

 

フィラリア予防薬を愛犬に飲ませ始める時に、「いつからいつまで飲ませればいいのだろか」と頭を悩ませたことはありませんか?フィラリア薬の投与は、お住まいの地域で蚊が最初に発生する1ヶ月後までに始め、蚊の発生が終わった1ヶ月後まで、月1回続けるのが目安となっています。

 

住んでいる地域の気温の違いで、蚊の発生する時期が異なります。例えば、4月に蚊が初めて発生し、11月には見なくなっているという場合、投与期間は5〜12月です。蚊が発生する期間とフィラリア薬で予防する期間がずれていますが、それは犬の体内にフィラリアが入った1ヶ月後に、薬が最も効果を発揮するからです。

 

 

犬がフィラリアに感染する期間を地域別に予想してみる

 

 

特に忘れないで頂きたいのがフィラリア予防薬を投薬する最後の月です。
蚊がもう出ないと油断し、フィラリア薬の投与を忘れたり、止めてしまいがちです。そこで忘れてしまうと、愛犬にまったく症状が見られないのに、愛犬の心臓でフィラリアが、クネクネ養分を吸い取っているってことになりかねません。

 

そうでなくても、次回のフィラリア予防薬の投与までに血液中に増殖し、次回予防薬を投与した途端、アナフィラキシーショックを起こし、命に関わりかねません。お話ができない愛犬のかわりに、お願いさせてもらいます。最後こそ油断せず、忘れずに投与、お願いしますね。